株式会社ジョイフル観光

安全運行への取り組み


コンテンツメニュー

  • 貸切バスの種類
  • 大型バス
  • 大型バスリフト付
  • 中型バス
  • マイクロバス
  • 会社概要
  • 沿革
  • お役立ちリンク集
  • Q&A

安全運行への取り組み

安全マネジメント

お客様の輸送の安全と利便の確保を使命としている輸送事業者として、安全を第一に考えかつ快適で楽しい旅行を提供しています。

当社の安全方針の4か条を掲げています。
●安全はすべてに優先 私たちは、安全運行と車両を提供するとともに、お客様の安全を最優先に行動し、従業員の一致団結により輸送の安全を確保します。
●法令や規則を遵守 私たちは、輸送の安全に関する法令や規則を遵守し、厳正かつ忠実に職務を実行します。
●推測に頼らず必ず確認 私たちは、職務の実施にあたり、推測ではなく、常に輸送の安全に関する状況を確認し、情報等は、正確かつ敏速に伝えます。
●問題意識を持ち変革に挑戦 私たちは、常に輸送の安全の確保に向けた問題意識を持ち、安全においての変革に挑戦します。

また顧客満足を最重要課題として「おもてなしの心で、安全・挨拶・整理・整頓」を徹底しています。

業界でもいち早く全車輌に最新鋭のGPSシステムの導入、ドライブレコーダーの導入など乗務員まかせにせず、安全運転装備投資も積極的に実施してまいりました。本社にて的確に位置情報、運転状況等が把握できるシステムを採用しております。

社長を先頭に輸送安全マネジメント管理委員会を設置し、日々安全運航のためにヒヤリハット運動をはじめ、安全会議研修の実施など社内安全教育を実施し、予防につとめています。また過労運転防止など乗務員の健康管理にも十分な配慮を実施しています。


その他の安全運行への取り組み

安全会議・ヒヤリハット収集
安全会議 各営業所において、月に一回所属の乗務員を集めての会議。
全従業員からヒヤリハットを収集。
提出されたヒヤリハットに基づき教育を実施。
1年に1回、大阪・東京の全従業員を集めての全国会議の開催。


乗務員の健康診断(年2回)
乗務員の健康診断 乗務員の健康診断は労働安全衛生法では1年以内ごとに1回と定められていますが、当社は1年に2回健康診断を実施し、常に健康な状態で乗務できるように努力しています。


ABS/ASR/EBS+衝突被害軽減ブレーキ+横滑り防止装置
ABS/ASR/EBS+衝突被害軽減ブレーキ+横滑り防止装置 ABS(Anti-lock Brake System)は急ブレーキをかけた時などにタイヤがロック(回転が止まること)するのを防ぐことにより、 バスの進行方向の安定性を保ち、また、ハンドル操作で障害物を回避できる可能性を高める装置。安全運行、事故防止の為に欠かせないものです。


ドライブレコーダーの採用
ドライブレコーダー 大型の全車両にドライブレコーダーを搭載。
運行管理者と共に映像に基づいての教育を実施。


GPS
GPS 全ての車両の位置、運行軌跡をリアルタイムで把握できるシステム。車両ごとに、何時にどこを通って、今どこにいるのかを東京、大阪の運行管理者が随時確認。車両の位置情報に基づいて、安全かつ効率的な運行を指示しています。


デジタコメーター
デジタコメーター 全車両にデジタルタコメーターを設置。運行時間、運行記録をデジタルデータで保存。このデータに基づき、運行管理を行っています。